仏道に没頭できる環境の種智院大学

田畑のド真ん中、京都にある小さな大学。
大学名は空海(弘法大師)が828(天長5)年に開いた教育機関の綜芸種智院からきています。

京都伏見、奥に青い道路、第二京阪道路が見えます。
田畑が広がります。

後ろを振り返り、種智院大学方面へ向かいます。
奥に蜃気楼のようにマンション群が見えますが、そのかなり手前の田畑の中が大学。

老人ホーム桃寿苑を右。

直線を進んでいくと、、、

右が京都府立京都すばる高校、左が種智院大学。
高校と同規模。

種智院大学は、1学部「人文学部」、2学科「仏教学科」「社会福祉学科」。
「京都にある小さな大学」キャッチコピーそのもの。

ここにたどり着くまで、田畑ばかり。
農園体験と書かれた農場が多数。

煩悩を捨て去り、仏道に没頭するには最高の環境です。

上京して都会のキャンパスに憧れるカッペ学生とは違う。

コメント