『映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』ネタバレ感想:評価付き

映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 https://theater.toho.co.jp/

2020年9月11日(金)公開、クレヨンしんちゃん劇場映画28作目、生誕30周年記念作品。

キャッチコピー「世界を救え、クレヨンで。」

イオンシネマ京都桂川

クレヨンしんちゃんのグッズが豊富です。

ネタバレ

あらすじ

映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 https://theater.toho.co.jp/

春日部上空に浮かぶ「ラクガキングダム」。地上の人々の落書きによるエネルギーで浮上。しかし時代が変わり、まちが整備され、子供達は落書きよりゲームに夢中。落書きエネルギーは不足し、ラクガキングダムが墜落するのを防ぐため、ラクガキングダムの防衛大臣達は王様のラクガキングに反乱、子供達に強制的に落書きをさせる「ウキウキカキカキ作戦」を敢行。これを阻止すべくしんのすけは、書いたものを実体化できるミラクルクレヨンで仲間(ブリーフ、ニセななこ、ぶりぶりざえもん)を作り出す。富士山の麓へ飛ばされたしんのすけは道中、ユウマと共に春日部へと向かった。春日部でミラクルクレヨンを使い切ったしんのすけは、仲間、まちの人達と協力して巨大なぶりぶりざえもんを書き、ラクガキングダムを再浮上させ救った。

クレヨンしんちゃんの映画は通常2パターン。

・悪いヤツが春日部を占拠、しんのすけがどこかに飛ばされて春日部に戻るパターン
・悪いヤツがどこかを拠点にし、しんのすけが春日部から向かうパターン

映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 https://theater.toho.co.jp/

さらに、しんのすけの協力者が家族か友人(かすかべ防衛隊)の2パターン、以下をイメージすると分かりやすい。
〇家族:嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
〇友人:嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

これら「・」「〇」が組み合さって2パターンが映画クレヨンしんちゃんの王道ストーリー。

今作のパターンは?

映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 https://theater.toho.co.jp/

2パターンと少しズレている。

・防衛大臣がラクガキングに反乱、子供達に落書きを強制するも倒すべき相手ではなく、ラクガキングダムを再浮上させること。

〇しんのすけの協力者が家族や友人ではなく、落書き仲間。

いつものパターンのようで違う。

劇場版特別ヒロインのパンチラおねーさんもいない、一応姫がいるけど空気、既存のななこがヒロイン。

泣ける感動ポイント

映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 https://theater.toho.co.jp/

落書きの仲間達が、切ない。

映画を観る前から予想がつくこと、落書きの仲間は消える。
クレヨンで書かれた落書きは水に弱い。

ニセななこ:しんのすけを助けるため雨の中を激走して消える
ぶりぶりざえもん:敵に縛り上げられ雨に打たれて消える
ブリーフ:巨大ぶりぶりざえもんを書く材料の足しとなり消える

笑えるポイント

映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 https://theater.toho.co.jp/

ぶりぶりざえもんが相変わらず裏切る、寝返る、お助け料請求。

しかし、ミラクルクレヨンを敵に渡そうとするも、ユウマのためにミラクルクレヨンを渡さなかったのは感動。

そのために敵に縛り上げられることに。

評価

★★★★☆ 4/5点

映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 https://theater.toho.co.jp/

映画館でクレヨンしんちゃんの映画を観たのは初めて。いつもは1年後のテレビ放送で観ます。今回観に行こうと思ったのは、ぶりぶりざえもんが出ることタイトルに「クレヨン」が入っていたから。だってクレヨンしんちゃんだから。

ぶりぶりざえもんの声が、塩沢兼人さんから神谷浩史さんに変わっても違和感ないですね。塩沢さんはキザな役がぴったりで好きでした。

しんのすけがミラクルクレヨンで書く仲間なら、ぶりぶりざえもん、アクション仮面、カンタムロボになりそうですが、敢えて、ブリーフとニセななこ、斬新。

タイトル『ほぼ四人の勇者』、「ほぼ」とは、ぶりぶりざえもんが役に立たないことでしょうか?

映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 https://theater.toho.co.jp/

『映画クレヨンしんちゃん激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』は笑えるし、感動もあり、面白い。ただクレヨンしんちゃんの映画で『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』は越えなかったので4点となりました。いつもとは少し違う映画クレヨンしんちゃんを楽しめる方は5点かもしれません。

コメント