トマトの釜めし?omo cafe京都

カフェなのに食事が有名。
友人と2人でランチへ。

場所は、錦小路麩屋町通り。

通されたのは、カウンター席。
友人といるのに「えっ?テーブル席かカウンター席か聞かないの?」
繁盛してるから来た客は空いた席に突っ込んどけということか。

いくら、オシャレなメニューや店内でもすでにテンション↓

omo cafeごはんプレート1650円

トマトの釜飯(単品)1000円


トマトが丸々1個入って印象的。
ベーコンとタマネギの香り、トマトの甘酸っぱい味がよく合う。
トマトの汁がたくさん出ているのに、ご飯がもっちり。

左がチーズ、右が肉味噌。
チーズをかけるとリゾット風になり洋、肉味噌をかけると和の味わい。

評価

★★☆☆☆ 2/5点

〇:米の質や炊き方が素晴らしく、料理が美味しい。
×:全体的に、店員の質が低い、価格が200円ほど高い気がする。

200円の割高さは、店員の質の改善でカバーしてほしい。

コメント