任天堂会社めぐり京都縦断

京都を拠点にする任天堂。
ファミコン、マリオが大ヒットした任天堂を京都の北から南まで縦断する。

任天堂 発祥の地

京都府京都市下京区鍵屋町324

高瀬川と鴨川の間に位置します。
花札やトランプを製造していました、現在ホテルにリノベーション中。
その後、何度か本社や工場移転が行れます。

任天堂 本社

京都府京都市南区上鳥羽鉾立町11-1

久世橋通り、近鉄京都線上鳥羽口駅と地下鉄烏丸線十条駅の間。
現本社、白一色のシンプルな建物、雲と同化。
本社開発棟はすぐ近く。

任天堂 本社開発棟

京都府京都市南区東九条南松田町2-1

十条通り、近鉄京都線十条駅と地下鉄烏丸線十条駅の間。
入口は、油小路通り東、鉾立公園の通り沿い。
本社と同じ感じですが、窓の高さや色が違う。
正面玄関後ろを振り返ると、やはり本社が見えます。

任天堂 宇治工場

京都府宇治市槇島町薗場92-15

本社から遠く離れた宇治、宇治駅の平等院とは逆方向。
任天堂の社員ではない一般人がお世話になる所。
なぜならサービスセンターがあり、任天堂製品が故障した際に修理を依頼する所だからです。
自分で送料負担をして送るか持ち込み。

ここではなく宇治小倉工場の頃、15年位前に故障したスーファミを持ち込みました。
(2000年代にスーファミ……)
広い待合室に通され、隅にテレビと各種ゲーム機が置いてありました。
技術者がやってきて持ち込んだスーファミをテレビと繋いで点検。
その時の症状は、カセットを入れて電源を入れると赤みが強く表れることでした。
他色が弱ってると考えられる、直すのにもしかしたら修理費がかかるかもしれないと言われたので、見積もりを依頼して高くなりそうだったらキャンセルすると言って帰りました。
その後、無料で修理され、送料無料で送られてきました。
アフターフォローもバッチリの任天堂。

これからも面白いゲームをつくり続けて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました