「もしもしピエロ」京都伏見稲荷大社鳥居奉納ラブホテルはどこ?

千本鳥居が有名な伏見稲荷大社、数多くある鳥居の中でラブホテル「もしもしピエロ」の鳥居が奉納されてることはあまりにも有名。
しかし一見観光客が「もしもしピエロ」現地へ赴く人がどのくらいいるだろうか。

まず、かの有名な伏見稲荷大社奉納の鳥居である。
場所は、最も大きな最初の電通奉納鳥居を進み、観光客が浮かれて激写する二又に分かれる鳥居も過ぐ。
その次の鳥居群、根上りの松の手前にお目当ての「もしもしピエロ」奉納鳥居がある。

京都では風俗の類がデリヘルとなるため、ラブホテル必須となる。

観光客が大好物な祇園南の縁切り神社「安井金毘羅宮」周辺にデリヘルとラブホテル街がセットで形成されている。

城南宮からスタート。
「親愛なる読者様に楽しい記事を提供できますように」と願掛け。

城南宮を東に抜け、北側の奥に見えるのが、ラブホテル街。

ラブホテル街をそのまま突当たりまで前進。

突当たりに「もしもしピエロ」発見。
こちらは、もしもしピエロNEO京都店。
ラブホテルにしては、ド派手な建築様式ではありません。
ビジネスホテルでもギリギリいけそうな雰囲気。

表通り、こういう所は裏からコソコソ入るのが吉か。
では、「もしもしピエロ」を含めたラブホテル街はどこにあるのか。

それは、名神高速道路京都南インター沿いにラブホテル街が形成。
奥にそれらしい建物があるのでお分かりいただけるだろう。

ということは、京都南インターを利用すれば眼下にラブホテル街が広がる。

当然、表通りに面した「もしもしピエロ」がバッチリ見える。

小学生が遠足や社会科見学で貸切バスに乗り、京都南インターからの光景を目にすると盛り上がること間違いなし。

社会科見学はすでに始まっている。

コメント