『キテレツ大百科』登場の都電もなかを買いに行く

『キテレツ大百科』123話「ワガハイがチンチン電車だった頃…」に都電もなかを食べるシーンがあります。
売っている所は、都電梶原駅近くの「菓匠明美」。

『キテレツ大百科』123話「ワガハイがチンチン電車だった頃…」

キテレツ大百科 https://anime.dmkt-sp.jp/

キテレツは前世を調べる道具「前世探知機」を作ります。コロ助で試すと、前世はチンチン電車(都電荒川線)だったと分かります。コロ助を構成する部品のスプリングが関係。スプリングはキテレツのパパに貰ったもの。
キテレツ、コロ助、パパの3人でチンチン電車に乗りに行く。乗っている途中の空き家の前でコロ助は気分が悪くなり降車。駅で知り合った親切なオバサンの家で休憩。コロ助の体調も回復、帰ります。
翌日、ぼんやりとしたコロ助は1人で空き家の庭にいます。キテレツ、みよちゃん、とんがり、ブタゴリラが迎えに行き、コロ助の様子をうかがっていると、昨日のオバサンが現れる。コロ助とチンチン電車との関係をオバサンに話すと、庭の錆びた鉢植が原因だと言います。その鉢植はチンチン電車の「チンチン」と鳴るベル。コロ助のスプリングと対だったのです。
鉢植に植えられた花は枯れている。コロ助が鉢植を手にすると、花が元気になり、コロ助も元気に。その後、オバサンの家へ行き、キテレツ達は「都電もなか」をご馳走になります。後日、オバサンがピカピカに磨かれた鉢植のベルをコロ助に送り、話は終わります。

都電もなかが登場するのは最後に少しだけです。

都電三ノ輪橋駅

都電を乗るために、友人(男)と日比谷線三ノ輪駅の地上で待ち合わせ。
のっけから駅構内には何やら物騒なポスター
ま、まぁ、そういうお土地柄なので、気にしない。

友人と合流、ずんずん歩くと、アーチに遭遇。
抜け道?近道?と思って抜けるといきなり都電が現れます。
終点の早稲田駅とは違い、広く余裕が感じられます。

駅に「三ノ輪橋おもいで館」があり、ジオラマ展示や都電グッズが売っています。

友人が「ここで都電もなか売ってんじゃね?」と言いだし、店主に尋ねます。

オイオイ、ここで売ってたら旅は終わってしまうじゃないか?!
せっかくキテレツ大百科の旅をしようと思っていたのに……。

売ってませんでした。

梶原駅でしか売っていないようです。
うん、やっぱりそこでしか買えないというのが良いんですよ!

(地方発送もあるそうですが……)

おもいで館では、都電一日乗車券400円が売っています。
大人運賃は一律170円(IC165円)。
3回以上乗るんだったら一日乗車券を買った方が得。
3回乗るかどうか微妙だったので買いませんでした。
何があっても2回までしか乗らないという、2回縛りルールを適用。

都電梶原駅「菓匠明美」

都電にゆられて23分。梶原駅着。
降りると、渋すぎる書店!
店のオジサンは窓口で弁当を食べていました。
都電の踏切を渡って北へ。

すぐに「菓匠明美」がみつかります。
ここに都電もなかが売っています。

1つ、税込み144円。
パッケージは5種類、中身は同じ。
気に入った2種類を買い、家で食べました。

もなかの中に餅が入っているのがおもしろい!

それにしても、この包装紙カワイすぎ、でも、店と関係ないんじゃ……。
かろうじてシールに店名。

都電に乗ったり、もなかを買って食べたりとキテレツ大百科の世界を堪能。

30分で旅は終わり。

JR国立駅

『キテレツ大百科』の舞台は、表野町で表野駅が登場しますが、国立駅で合ってます?

 

コメント