丼屋チェーン店から垣間見える庶民生活

日本の景気がよく分かります。

主な丼屋

・牛丼:吉野家、なか卯、すき家、松屋、東京チカラめし
・かつ丼:かつや、松乃家(松のや)
・天丼:てんや

牛丼

吉野家などの牛丼チェーン店はある日を境に値上げ、280円くらいだったのに、現在では380円くらい。

日に2食の生活で、1日の食費を考えると、

牛丼並280円×2食=560円

牛丼並380円×2食=720円

と食費が上がります。

安かった豚丼も値上げ。正直、並だとお腹はそこまでいっぱいにならない。しかし自炊で1日700円ならお腹いっぱいになります。現在はクーポン配布などで少し安く食べれることもありますがそれでも300円は切りませんので、実質的には高い。

物価や消費税が上がり続けています。日本人はどうなるのでしょう?戦中戦後や発展途上国のように餓死者が日本で当たり前になるかもしれません。生活保護受給者が増加する一方、支給額の打ち切りや減額。生活保護を受けていたお年寄りが打ち切られ遺書のような最期の言葉が「おにぎりが食べたい」でした。これが今後日本のスタンダードな姿かなっと、牛丼チェーン店の値上げで思いましたが考えすぎ?

かつ丼

かつやでは食事をした後、レジで支払いをすると100円引き券をくれます。1カ月有効。客の囲い込みに成功した人気店です。しかし、この有効期限が切れてしまうとリピートする気になれない。漬物がおいしいけど。

松乃家(松のや)は量が多い気がします。腹いっぱいになります。一時期、漬物食べ放題が姿を消したり、値上げしたり。

天丼

てんやも値上げ。

以上、牛丼から深刻な話になってしましました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました