京都:向日市で死体遺棄事件①

スポンサーリンク




またまた向日市で大事件!
青酸化合物殺人事件、救護施設建設と話題が尽きないまち。
今回も殺人事件ですが、向日市役所職員が関与したことで大きく取り上げられ、安田守向日市長が謝罪する事態に。

事件概要

京都府向日市上植野町薮ノ下のアパート「寿荘」の駐車場で11日に粘着テープで巻かれた女性の遺体が見つかりました。近隣住民から「アパート2階の部屋で異臭がする」という通報で発覚。1階住人の橋本貴彦(55)と向日市役所地域福祉課職員の余根田渉(29)が死体遺棄容疑で逮捕。遺体は業務用大型冷蔵庫に入っていましたが、警官が来たため部屋から運び出そうとした時に御用。住人と職員の関係は、生活保護受給者と担当者。

市役所の職員が不祥事を起こすと、市長の責任になるんですね。

事件現場まで順に行きます。

阪急東向日駅

東向日駅は、大阪と京都を結ぶ京都線に位置。
普通と準急しか停まらないカス駅。
左後ろに大きなマンションが見えます。

ほんの少し歩くと、以前の記事で書いたスーパー「ライフシティ」。
右後ろに大きなマンションが見えます。
マンションの前に小さな黒い建物。

向日市役所東向日別館

小さな黒い建物が市役所、奥が大きなマンション。
1・2階がイオン、3・4階が向日市役所東向日別館。

事件に関与した向日市役所職員が働いていた職場。

別館ということは、本館もあります。
本館は遠く離れた山の上、不便で老朽化。
2018年5月7日に向日市民が頻繁に利用する市民課や地域福祉課など一部がこちらに移転。
駅近で便利な立地、地方で流行りのコンパクトシティ。


なにやら白い柵があります。


2019年6月12日以降は駐輪禁止

ニュースで取り上げられた日!

それまでは異常なほど自転車がゴミのように置かれていました。
掃討作戦成功。


あれ?まだ自転車残ってるぞ。

不祥事。

次回に続きます。

スポンサーリンク