『逮捕しちゃうぞ』『ああっ女神さまっ』

スポンサーリンク




『逮捕しちゃうぞ』は、マンガ、アニメ、映画、ドラマと多岐に渡る。
同様に『ああっ女神さまっ』も様々なメディア展開。

『逮捕しちゃうぞ』とは、普通(?)の婦人警官2人が事件をちょっと派手に解決する物語。
たしか『踊る大捜査線』にも影響を与えたような……。

藤島康介氏の作品で一番好き。
設定がかなりリアル。
舞台が墨田区墨東署、職業、乗り物関係など。
なんとなく、東京の雰囲気が分かる。

辻本夏実、小早川美幸、どちら派か。
昔は美幸派でしたが、年を取ると夏美派になったのはなぜ?

美幸と中嶋君とのラブコメは笑えるのに、夏美と東海林の組み合わせはイラッとします。
中嶋君の島田敏ボイスにやられてる??

映画『逮捕しちゃうぞ the MOVIE』の話。
1999年4月放映。
かなり派手な内容。
元警察官が在任時の恨みを晴らすため、東京タワー爆破を企てる。
テロ。
辻本夏実、小早川美幸が未然に防ぎ、無事解決。

見応えはありましたが、真面目な内容で笑える部分があまりなかった。
やはり逮捕しちゃうぞはアニメが面白い。
ストライク男、登場してませんでしたよね。

エンディング曲はNITROでした。
NITROは、優香さん、吉井怜さん、堀越のりさん、唐沢美帆さんで構成。
グラビアから大成功した優香さん、最近観ないけど、どうしたんだろ?

『逮捕しちゃうぞ』はスゴイ好きな作品だったんですけど、随分と忘れてます。
もっと色々なことが書けると思いましたがこれが限界。
歳かな。

藤島氏のもう1つ有名な作品『ああっ女神さまっ』。
単行本全48巻。
絵が劇的に美麗になり、藤島氏が重鎮扱いに。
絵に頼りすぎて、だんだんストーリーが疎かになった感は拭えない。

中盤まで好きだったんですが、後半からはちょっと……。
なんとなくふわっとした穢れのない内容が好きだったのに、終盤で急に性欲の話。
女神も台無しだ。

ああっ井上喜久子さまっ

スポンサーリンク




コメント

  1. トリビア より:

    ああっ女神さまっは僕も好きでした。

    久しぶりに単行本を読んでみようかな?