宇宙戦艦ヤマト2202放送終了

スポンサーリンク




感動のフィナーレ!
と言いたいですが、なぜそうなった?がとても多いアニメ。

今期で一番おもしろかったアニメ、宇宙戦艦ヤマト2202が終了。
最後は古代守と森雪が無事に生還して終わる。

ミルが死ぬまでは、ストーリーが上手く構成されていました。
しかしその後、ラジカルな展開。

トランジット波動砲を撃って突撃。
多くの死者。
徳川、土方の死に方が雑。
サブちゃんは、職務を全うした感じしますが、ブラックバード隊で無茶な突撃をしたにも関わらず生きてたのにアレで死ぬか。
キーマン、斉藤の特攻って一体……。
この人達が死んで、古代と雪が突撃する時に、無理矢理ヤマトに縁を結び付けた感じ。

波動砲艦隊、波動砲をバンバン撃ってイスカンダルはどう思っただろう。
波動砲艦隊で波動砲を撃っても白色彗星帝国は無傷、トランジット波動砲一発で何とかなる。
山南の重力核への攻撃はダメージを与えてない?

山本なんで生きてる?

デスラーは蘇生体じゃない?
タランはどうやってデスラーについてった?
ギムレーどうなった?処刑?
バーガーって生きてたんだ。
藪もいる(笑)

地球ガミラス連合が懸命に戦っていたのにゴレム発動であっさり終わり。
前週ではガトランティスの戦艦がすでに地球上空にいたのに、翌週では宇宙で交戦。

真田の演説も力入っててジーンときますが、訴えられてる国民には意味不明で届かない言葉。
しかし真田の大塚芳忠さんは敵役が似合ってる気が。
機動戦士Ζガンダム(ヤザン・ゲーブル)、THEビッグオー(ジェイソン・ベック)など。

芹沢の玄田哲章さんはいつも適役、イメージ通り。
シティーハンター(海坊主)、最近では笑ゥせぇるすまんNEW(喪黒福造)。

他にも突っ込んだら色々ありますがとりあえずこのくらいで。

深く考えずに雰囲気で流されて感動すれば楽しめます!

スポンサーリンク