セガサターンは『サクラ大戦』専用機

サターンかプレステか。
スーファミ後に雌雄を決する戦いがありました。

1994年11月22日セガサターン発売日。
1994年12月3日プレステ発売日。

サターンかプレステか。
発売当時は、どちらのハードを持つかで遊べるソフトが大きく異なっていました。
しかしその垣根は低くなっていきます。
ソフトがどちらのハードでも発売、微々たるストーリーやキャラ設定が異なるだけ。
大差ありませんでした。

そんな中で大ヒットソフト『サクラ大戦』発売。
サクラ自体については次回にしますが、サターンがサクラ専用機になりました。
でも、そんなサクラも結局PCやプレステでも出ることに。

サクラのヒットもありましたが、プレステが勝ったのは記憶媒体の優位性だと思います。
サターン:パワーメモリー
プレステ:メモリーカード

ファミコンやスーファミでセーブが消えて悔しい思いをした人は多いでしょう。
FFやドラクエが消えた時には発狂!

サターンのパワーメモリーは旧式ハードと同様にデータの消去やバグが発生しやすい。
プレステのメモリーカードではそのようなことが起こりにくい、というか今まで壊れたことがない。
安心してRPGに打ち込めます。
これが決定打ではないでしょうか。

随分と色あせてるなー。
初期のサターンのカラーはグレー、のちに白になりました。

あと、サターンといえば18禁ソフト。
だんだんサターンは怪しげなハードと化していきます。
ちょっとワクワクしました(笑)

アイドル雀士スーチーパイ、きゃんきゃんバニー、放課後恋愛クラブ、同級生、野々村病院の人々……。

elfが勢いのあった時代。

コメント

  1. アバター メグ より:

    おはようございます。
    セガサターン、随分使い込んだのではないですか?
    「サクラ大戦」専用機になっていたのですね。(^^)

Translate »