『のみとり侍』映画

阿部寛さん主演。

時は江戸、田沼意次の時代。
裏稼業、のみとりというのがありました。
2018年5月公開。

田沼意次(桂文枝)の時代は、儲かれば何でもいいという風潮。
ワイロの横行、色稼業の氾濫、社会が堕落していきます。

そんな中、越後長岡藩小林寛之進(阿部寛)が藩主(松重豊)に侍をクビにされる。

猫ののみとりに命じられる。

寛之進は、よく分からないままのみとりに。

のみとりとは、裏稼業の男娼です。

欲求不満の人妻や後家を相手にします。


初めはこの仕事に驚き、下手クソと罵倒され落ち込みます。
しかし真面目なので、江戸一番の伊達男の清兵衛(豊川悦司)に技を乞い、懸命に従事。
この後、堅物の松平定信(三浦貴大)の台頭で田沼は失脚、緩んだ社会全体を引き締めます。

当然、のみとりも禁止。

寛之進は、捕らえられます。
で、最後は色々あって、寛之進は藩主に許しをもらってなんとなく急激に終わる。

のみとりになり、テクニックを磨いていく過程がピーク。
これ以降は、なんとなくストーリーが進んでいく感じ。
話題性はあるんですけど一発ネタ。
おそらく作り手も「のみとり」は描きたかったけど、その前後やオチはどうしようかと困ったのではないでしょうか。

トヨエツが笑えます、とてもいい表情が見れます。
トヨエツは、連続テレビ小説『半分、青い。』でも話題になりました。

阿部寛さんて不思議な人ですね。

私が知ったのは『トリック』、アレが大きい以外、役に立たない教授役。
『テルマエ・ロマエ』でローマ人役。
『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』で日本人だけど中国で客死した古代人の阿倍仲麻呂役。

見た目や役とか、この人のアイデンティティーどうなってんだろ?

本人は悩まないのかな?

もうすぐ1年くらい経つのでテレビでやらないかな~。
R指定だから無理か。

0