『紅い襷~富岡製糸場物語~』映画

和田英『富岡日記』を原作とした映画。
全国的に放映していたわけではないので、知らない方も。
2017年12月に渋谷シネパレスで観ました。

明治初期に富岡製糸場が稼働します。
富岡製糸場は明治日本の発展に寄与する施設。
そこに和田英が入場する話。

製糸場といえば映画『ああ野麦峠』をイメージされる方がとても多いのでは。
過酷な労働環境の中、女工たちが結核に罹りながら働く映画、女工哀史を。

しかし紅い襷では、富岡製糸場での良い思い出が描かれています。
和田英が若い頃に入場して西洋の先進技術に触れ、お国(地元)のために技術を身に付けて帰ることに誇りを感じていました。
集団生活が修学旅行のようにいきいきと楽しく語られています。
ああ野麦峠とは真逆。

そもそも一緒くたにするのは間違い。
富岡製糸場は群馬県富岡、『ああ野麦峠』は長野県岡谷。
それに和田英の時代の富岡製糸場は待遇も良く、労働時間は7時間
今より良いのでは?と思ってしまうほど。

もしかしたら今の日本の労働環境は『ああ野麦峠』より過酷?!

Translate »