草凪優のオススメ小説

現在約170巻刊行。
内容がアレですので、内容にはあまり触れませんがオススメをレポート。

草凪優氏は官能小説家。
どんな小説かと一言で表すと、

笑えるエロ

というところでしょう。

170全巻読んでます。
出版社によってかなり色が違います。
「笑える」作品でないものもあります。

私としては「笑える」作品を紹介したいと思います。
基本的に出版社で選んで大丈夫。

徳間書店


スタンダード作品。
万人受けするでしょう。

双葉社


だんだん「笑える」要素が増えてきます。
徳間書店に笑える要素が添加され、サクサク読める。

竹書房


笑えるエロ。
主人公のセリフやオチなどで腹を抱えて笑うことも。

竹書房ラブロマン文庫が一番オススメ!

個人的に特に好きな作品がこれ。

俺の地元は近ごろ濡れまくり


マイルドヤンキーがテーマ。

ちょっとイケナイお姉さんが実にいい!!

笑える描写はもちろんありますが、扱うテーマに深く考えさせられます。

ジェラシー


笑える作品ではないですが、以前、中原亜梨沙展に行って記事にした作品。
超長編、読み応えあり。

どうしようもない恋の唄


映画化しました。
原作は13刷となり、売れてるそうです。
笑えない作品。
人生いろいろあるなーと思う作品。

オナニーシスターたぎる肉壺


これは草凪氏ではありません。
ただこの作品、くだらなくて笑えます。
ラストはなんでそんな展開なるの??
とシュール。

以上となりますが、興味ある作品ありましたか?

Translate »