【グルメ】秩父和メープルプリンのメープルが別の味に思える

秩父で、和のメープルで、プリン。
盛りだくさんですが、この和メープルの味が……。

一番好きなものは?と聞かれたら、グリコのプッチンプリン!と即答。
「中身はコドモ、見た目は中年の冴えないオッサン」と名探偵コナン的なキャッチフレーズがしっくり。
本日は、秩父和メープルプリンを食す。

金色のパッケージで豪華感を醸し出しています。
食べると、口いっぱいに濃厚なメープルな味と香りが広がります。
しかし、ちょっと濃厚とは違う気もします。

濃厚とは、味やニオイがキツイということ。

メープルを前面に強めに出すと……。

クリやイモっぽい。

もうすぐ春なのに、秋の味覚。
秩父和メープルプリンだけでなく、他のメープル味の○○ってやはりクリやイモっぽいと感じるのは私だけ?

なぜ、秩父でプリン?


パッケージに書いてます、これで解決ですね!

秩父には、カエデがたくさんあり、そのカエデからシロップにする。

これは、メープルシロップの話で、プリンではない。

迷宮入り。