【東京】ハイスコアガール関連の高田馬場ゲーセン・ミカドの殺伐感①

2018年で一番好きだったアニメ『ハイスコアガール』。
EDのクレジットに「ゲーム収録 高田馬場ゲーセン・ミカド」とあり、気になったので入店。

以前の記事、ハイスコアガールとタイトーステーションがコラボしていたのを書きましたので、よろしければそちらもどうぞ。
ハイスコアガールについて熱く語っています。

ハイスコアガールのEDクレジットで「ゲーム収録 高田馬場ゲーセン・ミカド」と表記されますがどういう意味でしょうか?
アニメを作る際に参考にしたということでしょうか、舞台は溝ノ口ですが。
よく分かりませんが、とりあえずハイスコアガールの聖地巡礼ということで。


ミカドの場所はJR高田馬場駅の西、狭い道路に面している2階建て。

1階

中に入ると薄暗く、新旧のマシンが所狭しと並べられています。

功夫老師!


ハルオが中学生の頃、コハルと新幹線を途中下車して立ち寄ったゲーセンにあったマシン!
生で見ると興奮します!

日本一周旅行ゲーム


10円玉をはじいてゴールを目指します。
昔これに似たのでゴールしたことがあります。
ゴールすると景品が出ました。
景品は、ガム1枚。
100円8枚入りのヤツ。

筐体

マリオの筐体?
昔だと家庭用ゲーム機スーファミなどで10分100円。
昔の旅館のリーステレビ○○分○○円みたいな。

踊り場

2階へ行く踊り場。
トイレの前に筐体、何だろう?

ストⅡ?!

こんなインベーダー調な筐体で見たの初めて。

スタッフ募集の萌えキャラ……の下はレトロゲーム。

次回、2階へ続きます。