【神奈川】横浜中華街の大三元酒家

スポンサーリンク




観光客向けではなく、地元民オススメの中華料理屋。

長年、横浜に住んでいる方にオススメの中華料理屋を伺いました。

大三元酒家


場所は、橫濱媽祖廟隣り、横浜大世界斜め前。
平屋にでっかい看板がくっついていますが、全体的には地味め。

外で肉まん類が売られていますが、強引な客引きもなし。
日曜日の昼時でしたが、行列もない。


店内や店員の雰囲気もほのぼの。
ガツガツした商売っ気もない。
日本語の上手い店員がいる(日本人?)。


飲茶セット1500円は高め。
観光客なら頼んでしまうでしょう。

しかし、メニューを単品で見ると、観光地にしては高くない。
ラーメン500円とか地元の中華料理屋くらいだろう。

メニューをよーく見ると……カエルの文字。

先に言っておきます、カエル料理は頼みません。

読者様のご期待に添えることができません。

私、カエルが一番苦手。
カエルと文字を打つだけでも嫌。
苦手なところは、目が頭の上にある、ぬるぬる、どこに飛ぶかわからないので怖ろしい!

ケロケロけろっぴも嫌い、あれはただのカエル、頭の上に目があるし。

ケロロ軍曹は大丈夫あまりカエルっぽくない、ガンダムなどのパクリで面白い、西澤桃華カワイイ、頭の上に目はないし。

ジャスミン茶


香りもよく、おいしかった。
普段飲まないお茶を体験。

注文したのは、五目そば700円と小籠包8個1200円。
2人で食べましたこれで充分。

五目そば


細麺、具だくさん、ゴマ油で炒めてあります。
ゴマ油の香りとスープの旨味が効いてる。
ゴマ油味のラーメンて、全部「出前一丁」に思えるのは私だけ?

小籠包

ショウガを加えて食べます。
皮はもっちり、アツアツ。
開けると汁がたっぷり、肉にしっかりと味がついてます。

感想

お腹いっぱいになりました。
地元民オススメの店ということもあり、観光地にしては価格が抑えれら、店の雰囲気も家庭的なので継続的に通えます。
ただ、カエルはなー……。

ところで、横浜中華街ではイヌ肉を扱う店ってあるんですか?
池袋の中華街なら結構イヌ肉を押してる店がありますが。