【中国】中国でライン?

スポンサーリンク




中国ではライン使用不可。
しかし中国のお菓子でこのキャラは?
お菓子の正体は……。

中国ではラインが使えません。
しかしラインに似たアプリがあります。

それは「WeChat」。

使い方や機能はほぼ同じ。
WeChatの良い所は、「既読」がない、日本と中国で連絡が取れる。
悪い所は、アルバムがない。
一応アルバムという名前で写真が連続で8枚までで貼れる、ラインのアルバムのように1つにまとめられない、ひたすら写真が貼られるだけ。

そんなラインと無縁な中国で、ラインキャラ?

実は中国ではラインキャラが浸透しているそうな。

中国のユニクロでラインコラボTシャツ販売。
79元 ⇔ 1300円

で、お菓子に戻ります。

奥利奥」と書いてあります。

これは、日本でいう「オレオ」。
オレオなら馴染みがありますよね。

春節バージョン


(キャラの顔が見えなくてすいません)
右上に「超値」、お買い得という意味。
その下には、「皆でシェアして食べるお菓子の袋セット」。

裏にシール同封

さっきの見えなかった袋の絵と同じ。

下の絵は爆弾?!

春節なので爆竹……ですよね?


味は、バニラ、イチゴ、チョコ、バニラ。


相変わらず、ウサギは悪そうです。


1箱開封、バニラ味、けっこうバキバキに折れとる。

うん、おいしい。
見た目通り。
というか、日本と全く同じ味。
違和感なし。
日本で、ラインのキャラを起用して普通に売っては?

スポンサーリンク