四川省広元市剣門関「翠竹」

なんか中国の良いお茶。
中国の友人がおみやげでくれました。
中国のおみやげシリーズが続きます。

箱が立派、硬いボール紙、お茶をイメージして緑?。
絵は、四川省広元市の「剣門関」という城門、観光名所。


唐時代の一番良い献上茶を味わいましょう・世界一旧い道を歩きましょう・天下一立派な城門を登りましょう
つまり、お茶だけではなく、場所や名所も素敵(後ろ2つは観光地の宣伝)
たくましい商売根性。


QRコード読み込めます、お茶の情報。

2個入り。
外箱デカすぎだろ。


右から開きます。
日本だったら、缶ですよね。
てっきり缶が出てくると思ったら小分けされていてます。
「翠竹(すいちく)」という種類のお茶、15包。
ティーパック?


袋を開けると、ティーパックではなく茶葉。
小分けされてる方がいいかも。
缶だと置いておくとシケるので。
で、お湯を注ぐ。

計量カップ。

緑茶。
普段からコーヒーやお茶など飲まないので気の利いた急須などありません。

『キミキス』二見絵里子が理科室のビーカーでコーヒー飲んでて違和感なかった、普通。

味見。

お~~、酸味が強い、シブいと表現した方がいいかも。

一発目はゆすぐそうです。
二番煎じだと、味もまろやかで飲みやすく、おいしい。

新鮮な茶葉という感じがしましたが、でも日本茶との違いは???

Translate »