【神奈川】根岸記念競馬公苑「馬の博物館」③

馬の博物館内、第4展示室へ。

第4展示室

展示室内はこんな感じ。
体験ができるものもあります。
博物館内のウリ。

馬の視覚体験

覗くと、前は見えません。
横。

馬とコミュニケーション


ボタンを押す。
耳が動くだけ。
カシャカシャと機械音。

馬力体験


棒に負荷がかかっていて、引くと馬力計測。
で、引くと、「0.1」馬力。

……。

そもそも馬力ってなんだ!
で、これ。

「1馬力」とは、うーん、なるほど。

次。

馬のフン

ドラクエです!
拾ったり、1ゴールドで売ったり、袋に入れたり。

伝説の道具!

私のテンションが急激に上がりました(笑)

馬乳酒の製造道具

馬乳酒って、日本で飲めますか?
どんな味?

スーホの白い馬

日本の小学校を出てれば誰でも知ってる有名なモンゴル民話。
馬の犠牲で楽器を作る感動的な話。
でも、なぜ日本でモンゴル民話?
最近だと、モンゴルといえば相撲でしょう。
相撲ファンの私はブログで何度も書いているので、見ていただけば幸いです。
日馬富士、玉鷲のファン。
あと、『キン肉マン』でスーホの白い馬に似た話ありませんでしたっけ?
ゼブラ。

馬の見分け方

骨や歯から分かります。

乗馬体験


ケツが痛ぇ。

出口

展示室を全て見て、出口へ。
地下から1階へ戻ります。
先ほどの「馬のフン」でドラクエ脳な私、この階段がドラクエっぽく思えてしまう(笑)

次回、館内でおみやげを見て、根岸記念競馬公苑を散歩。