「ひたむき、まえむき、いばらき。」稀勢の里横綱

2019年初場所の相撲。
3日連続黒星後、横綱引退した稀勢の里。
そんな時に発見した東京駅近くのポスター。
稀勢の里は茨城県出身。

2017年大阪場所で、日馬富士戦で左大胸筋損傷。
稀勢の里が土俵下で「いてぇー」っていう顔をしていたのを覚えています。
その後、得意技の左おっつけ封印や怪我が回復しないため、横綱引退。
日馬富士戦をみるかぎり、そんなに大怪我したように見えなかったんですけど……。
よく言われるのが、「日本人横綱19年ぶり」。
私はそこにこだわりはありませんが、横綱が引退するというのはもったいないと思います。

以前の記事、
【東京】相撲観戦と両国
で書いているんですが、日馬富士と玉鷲のファン。

日馬富士が引退した時は本当にもったいなかった。
横綱になる前から応援していたので。

と同時に玉鷲も応援していました。
以前の記事の最後に「来年の活躍にも期待」と書いたら、
2019年初場所でいきなり優勝しました。
これは想定外。

2019年初場所。
横綱稀勢の里の引退が場所序盤で、ベテラン39歳力士の豪風が中盤で引退、横綱白鵬・鶴竜の休場、千秋楽で玉鷲優勝。
盛りだくさんの初場所でした。
稀勢の里のポスターどうなるんだろ?

Translate »