相撲観戦と両国2013①

ここ1年くらいごたごたしている角界。
相撲ファンの私はそれを含めて楽しんでいます。
今回からは相撲や両国に関して。
「日馬富士」と「玉鷲」のファン

JR両国駅

両国には3回訪れ、国技館での相撲観戦は2回。

駅構内には、両国周辺の観光スポット案内。
たくさんみる所あり。
歴代横綱の手形。
朝青龍、日馬富士

両国駅北

駅を出ると、コミカルな相撲像。
相撲開催期間中は、「のぼり」。
木村庄之助だけがピシッとしています。
最後の写真、朝青龍のちゃんこ屋、閉店

両国駅南

ちゃんこ屋密集地帯。
横綱横丁を抜けると……。

回向院

この日は善光寺の出開帳。
入館料1000円。
これは期待です!
写真撮影NG。
見学場所から仏様との距離があまりに遠く、目の悪い私にはよく分かりませんでした。
1000円。
また、ねずみ小僧の墓があります。
受験に御利益があるそうです。
そういえば、かつて回向院内に日本大学の講堂がありました。
アメフト問題で学長が辞任する事態が起こったのも今年の話。
日大。

相撲部屋

やはり両国ですね。
部屋が密集。

現八角理事長の部屋はとても立派です。

まわしが干してあります。

他には、歴史ゆかりの地、吉良上野介邸、勝海舟、芥川龍之介、旧安田庭園、横網(よこあみ)町公園、野見宿禰神社。

日本大学付属校(日大一高・一中)

最後に、日本大学の付属校をみて、両国国技館内へ。
9月、日大付属校では学園祭。
付属校の由緒ある立派な歴史を示しています。
現在ここにいる高校生達は日大を卒業している?

次回、②に続きます。
両国国技館へ。

Translate »