【神奈川・東京・京都】卸売市場②

前回、①の続きです。
前回は横浜中央卸売市場、今回は東京の築地市場と京都市中央市場についてのレポート。
京都では開場していませんでしたので市場近くのレポートです。

東京の築地市場

訪問日:2013年12月6日
訪問処:築地市場

朝6時、新橋駅集合。
暗い、寒い、眠い。
歩いて築地市場へ行くと、徐々に明るくなります。

青果

説明を受け、見学。
リアル競り。
あっという間に終わります。
業者さんはその場で買ったりもしています。
大量の青果。

水産

迫力があります。

朝ごはん

一通り市場を見学して朝ごはんを食堂で食べて帰ります。

京都市中央市場

訪問日:2014年1月5日
訪問処:京都市中央市場

JR丹波口駅に昼頃着。
市場は終わっていたのか、休みだったのか。
とにかく開いていません。
市場近くは島原遊郭跡ですのでそちらへ。

島原遊郭跡

現在は普通の住宅街。
大門の復元や新選組との関係した建物があります。

今回の記事はあっさりと終わりました。
訪問日が古く、あまり覚えていないので(笑)
横浜との比較、横浜では一般の人がみれない築地の青果、過去の築地市場、京都では市場の周りも楽しめるなど、広く様々な市場の雰囲気を味わっていただければ幸いです。
以上でレポートを終わります。
ありがとうございました。